京都ならではの結婚式へのこだわり

京都の結婚式の特徴
結婚式を京都で挙げる場合、京都の人間であれば、問題はないでしょうが、出身が京都ではない方の場合には注意が必要です。
京都の結婚式の全てがそうだとは言いませんが、相手の家によっては、京都ならではのコダワリを持っていることも多いからです。
例えば、相手方の親類連中に見せる家族書や親族書などを提出することを求められたりといった、他の地方では逆に失礼に当たりそうなことも平気で行われています。

京都ならではの結婚式を行う
前述のように一生に一度の晴れ舞台であり、気位が高い方が京都人には多いですから、京都流の結婚式を親類連中は求めることも少なくありません。
完全なる和装で云々というようなコダワリを持っている家庭も存在しますから、パートナーはもちろん、ご両親へ報告をし、意見を求めるといったことも必要に応じて行っていくべきでしょう。
他の地方では、結婚式は二人のモノであり、初めての協同作業的なニュアンスが強いですが、京都の場合、家々の付き合いや見栄えといったものにこだわるケースも少なくありませんから、ご両親への相談は大事なポイントになってきますよ。

家長になる可能性のある長男との結婚は特に注意
前述までにある通り、京都には京都独特のしきたりのようなものがあると声高にいい、世間体を気にする家も少なくありません。
失敗しないためにも、これから1つの家族として良好に付き合っていくためにも、ご両親への配慮は忘れないようにしましょう。
特に家長になる可能性が高い長男との結婚式を挙げる場合には、注意が必要ですよ。

京都ならではの結婚式はこちら

最新記事